私の好きな海の幸、山の幸

人生において「食」というのはかなり大きな割合を占めているものだと思っています。まず食べ物を食べないと栄養を摂取することができませんから、健康面や体力など様々なところで支障が出ます。しかも、食べればなんでもいいというわけではなく、栄養のバランスや量をしっかりと考えなければなりませんから、食べるということの重要性が秘められています。

そんな風に、食べるという行為は生きる上で大切なファクターになるわけですが、栄養うんぬんよりやはり「好き嫌い」が食を楽しむ上で重要になってきます。嫌いなものは食べたくないですし、好きなものはずっと食べていたくなりますよね。そして、食べ物には主食となる米やパン、小麦製品のほかに、肉などを始めとする畜産的な食べ物、海の幸山の幸といった自然界のものなどがあります。私は特に海の幸と山の幸が好きなわけですが、その中で特に好きなものがそれぞれあるのです。

私の好きな海の幸はズバリ、海老です。川海老とかもいますが、この場合は海にいる海老ですね。見た目が虫みたいで無理という人もいますが、海老に塩をまぶして炭火でカリカリになるまで焼いたものを殻ごとガブリと食べたら、きっと最高に美味しく感じると思うんですよね。実際私はそれで海老に夢中になってしまいましたから。

そして山の幸。私は山の幸だと松茸、と言いたいところですが、実際はそこまで。私が好きな山の幸は鮎なんですよね。鮎の塩焼きが大好きで、釣ったばかりの鮎をその場で塩焼きにして川岸で食べる。これもまた最高なんです。
なんだか私が好きなものって塩焼きばかりな気がしますが、海の幸と山の幸は素材そのものの美味しさが味わえるので好きですね。