結婚式の引出物に悩む

結婚式の引出物に悩む

結婚式は一生に一度と言っても良いくらいの貴重なイベントです。
結婚するカップルは、多くの人に盛大にお祝いをして戴くお礼として引き出物を選ぶのですが、来賓やゲストの皆に失礼が無いように、そして誰にでも喜んで貰いたいと思うほど、何を選べば良いのか頭を悩ませることになります。

ギフト・贈答品に米沢牛・山形牛

今時の結婚式の引き出物と言えば、その便利さも手伝ってゲストが式の終了後にカタログの中から自由に品物を選べる「カタログギフト」がポピュラーになっています。
但し、このカタログギフトもただ引き出物に加えれば良い訳ではなく、ギフトを提供する会社や金額によって中味が偏ったりしている場合があります。
事前に幾つかのカタログギフトをチェックした上で選択しないと、「食器や食べ物ばかりで選択の余地が無かった」などと、不評を買う事にもなり兼ねません。

手みやげの贈り方 選別 祝儀・チップの渡し方 冠婚葬祭マナー辞典

また、会社の来賓か友人かの違いで、ゲストの立場ごとにカタログギフトのランクを変えるケースも多いのですが、この場合、新郎新婦に対する立場が異なる人同士でカタログギフトの内容を見せ合う事も殆ど無いと言って良いでしょう。
その為、必要以上にカタログギフトのランクを変えるような気遣いは不要です。

日本のしきたり 熨斗(のし)袋 のし紙

また、便利だからと言ってカタログギフトだけで済ませてはいけません。
多くの場合は、慣習に沿ってお赤飯や鰹節など伝統的なものを少しでも持って帰ってもらうものですが、形式通りのものだけでなく、ちょっとしたお菓子類やプチギフトなど、新郎新婦の心遣いが見えるものを付け加えたいものです。
思いがけず多額のご祝儀をくださったゲストには、改めて別にお礼を持参するなどすれば、お祝い返しの気持ちも一層伝わるでしょう。