私の娘は黒毛和牛しか食べてくれません

私の娘は黒毛和牛しか食べてくれません

結婚してから3年になり、私の娘もまだ小さいながらも2歳になりました。2歳ってちょうど自分の判断なんかができ始める頃で、ある程度の意志表示ができる反面、まだまだ動物性といいますかわがままな部分も多く併せ持っています。それゆえに、この時期の教育もなかなか神経をつかってしまうものだと日々実感させられています。

和牛等特色ある食肉の表示に関するガイドライン—山形県ホームページ

そんな私の娘については食事の面でも気を使って、今までは小さかったことからその食事もできるだけ刺激の少ないものを与えるようにしていました。刺激というのは辛いとか塩っ気があるというだけではなく、甘いものや美味しい過ぎるものなんかも含まれますから、本当に質素な食事ばかりだったと思います。しかし、段々と大きくなるにつれて、そろそろ甘みや旨味のある食べ物も解禁してその味を覚えさせておかなければならないかなと考えて、今までは食べさせなかったような美味しいものを与えるようになりました。

黒毛和牛

アイスクリームとかお肉なんかもこの時に初めて食べさせたんですけど、娘はお肉を特に喜んで食べるようになりました。ただ、ある日に親戚の譲りものとして頂いた黒毛和牛を食べさせたのはちょっと間違いだったかなと感じたのです。なぜなら、それ以来肉の好き嫌いを言うようになったんですよね。そう、私の娘は黒毛和牛しか食べてくれなくなったんです。

熊本県家畜市場 新着情報

普段の食事で肉の入った食事た出ても「これ、あのおいしいおにくじゃないからイヤ!」と怒りだす始末。我が娘ながら肉の美味しさについてそれだけ判別できる能力は素晴らしいとは思いますけど、黒毛和牛しか食べてくれないなんて私の給料がいくらあっても足りませんので今このことについてものすごく悩んでいます。